ホーム  |  お問い合わせ  |  私たちに関しては  |  ブログ  |  役立つリンク集   




ヨルダンの習慣

「すべきこと」と「してはいけないこと」を簡単な一覧にしました。これを参考にして、地元に溶け込んでください。

すべきこと

 人に会ったときは握手しましょう。ただし、ベールをかぶっている保守的な女性とは握手できないかもしれません。
 挨拶するときは起立します。
 アラブコーヒーを飲み終わったら、カップを左右に振ります。おかわりがいらないことをホストに知らせるためです。 おかわりが欲しい場合は、カップを持ち、コーヒーポットを持っている人物に差し出します。
 ホストからアラブコーヒーを出されたら、快くいただきましょう。コーヒーは、おもてなしであると同時に、互いに好意を伝え認め合ったことを示す文化的に重要な象徴なのです。
 小銭をたくさん持ち歩きましょう。ヨルダン人の多くは、一般的におつりを十分用意していません。
 ウェイターには、請求額の他に心づけとして 10% 程度のチップを渡しましょう(請求額にサービス料が含まれている場合は必要ありません)。
  タクシー料金を支払うときには、端数を切り捨てるようにします。
 ショッピングのときは、値段交渉をしましょう。
 ヨルダンの公共の場を散策するときは、控えめな服装にします。
 アラブ人は、会話をするときに欧米人よりも多少近づきすぎる傾向があることを心に留めておいてください。
 公共の場では、アルコールを自由に飲めます。ただし、それ以外の場では控えてください。


してはいけないこと

 公共の場でお祈りをしているイスラム教徒の邪魔をしたり、前を通ったりしないでください。
 ラマダン神聖月は、公共の場での飲食を控えてください。
 屋外では、挑発的な服装は避けてください。
 知人が挨拶のときに頬に「軽いキス」をしても驚かないでください。アラブ人は、歓迎と好意を示すジェスチャーとして両方の頬にキスをする習慣があります。
 食事のときにホストがたくさん食べるように強く勧めても、気分を害さないでください。アラブ人は伝統的に食べ物をもてなし、気前のよさ、友好の証として捉え、多ければ多いほどよいと考えています。
 チップが不要と思われる状況では、タクシー運転手にチップを渡す必要はありません。もちろん、チップは喜ばれるので、感謝の気持ちを伝えたいときには渡してください。




アルコール  

アルコールはヨルダン中のバーやホテルで扱っています。 ラマダン期間中は、ホテルでも旅行者にしか提供していません。 アルコールはスーパーマーケットでも購入できます。

Not Found
ヨルダン観光局  公式ホームページ
© 2014 All rights reserved.