ホーム  |  お問い合わせ  |  私たちに関しては  |  ブログ  |  役立つリンク集   



豪華なヨルダンの食事

バラエティ豊かなヨルダン料理におなじみのヨルダン人の温かいもてなしが加わることで毎回の食事はお祭りのようになります。

ごちそうと言えばヨルダンだけでなく中東ではどこでも最大の関心事です。

ヨルダンでは食事は単に空腹を満たすためのものではなく人々と交流する機会なのです。ヨルダン人は食事時には大勢で集まって大皿料理を食べることが多いのです。

食事はヨルダン文化にとっても非常に重要です。多くの村で食事は地域的イベントであり、家族や親せき一同で集まります。またヨルダン人は歓待や寛大さを食事で表すことが一般的です。ヨルダン人は生まれながらにもてなしの心が厚く、ヨルダン人がすぐに地元の家に人を招待するところにそれは表れています。

ヨルダン人にとって家族、友人、お客様を家でもてなすのは誇りであり、それは食事がいかに質素であろうと関係ありません。

「ヨルダン人の招待」を受けることは、何も持たずに行き、出されたものをすべて食べるということを意味します。大抵、招待されると「Sahtain wa 'Afiya」(あなたのより一層の健康と幸福を願っております)というよく聞くアラビア語を耳にするはずです。

当然ながら、ヨルダン料理を語るならヨルダンの最も代表的な料理マンサフについて細かく説明すべきでしょう。

マンサフはヨルダンの国民的料理であり特別な機会の象徴です。アラビカ米、乾燥サワーミルク(ジャミード)で作る濃厚なスープ、ラムかチキンで作る料理で、卒業、婚約、結婚のお祝いには大抵登場します。また、葬儀の場や、人々の絆をとりもつ手段としても振る舞われます。

マンサフでの饗宴はとても重要な意味があり何時間もかけて準備をします。

マンサフを出すということはヨルダン文化では最大限の寛大さを意味します。振る舞うラム肉の量で寛大さを表すのです。一般的にはフォークなどの道具は使わずに食べます。

この食事は社交的な地域の寄り合いを象徴しているため、招かれた客も大皿から手づかみで食べます。食卓の中心に豪華なマンサフが置かれます。

もう一つのヨルダンで人気のごちそうがベビーラムの詰め物料理です。ローストしたラムに米、刻んだ玉ねぎ、ナッツ、レーズンを詰めたものです。

またアルザルブ(Al-Zarb)という料理もあります。アルザルブとは地面に直径約60cmの穴を1m堀り、穴の底はそのままにして側面だけに煉瓦を貼ったかまどのことですが、このかまどで料理したラムのこともアルザルブと言います。

どの様な好みの人でも、ヨルダン料理ならきっと満足できる味に出会えるはずです。
Not Found
ヨルダン観光局  公式ホームページ
© 2014 All rights reserved.