ホーム  |  お問い合わせ  |  私たちに関しては  |  ブログ  |  役立つリンク集   



ロイヤルファミリー

 

アブドラ 2 世ビン・アル・フセイン国王陛下は、父に当たる故フセイン国王が崩御された 1999 年 2 月 7 日に、憲法で定められたヨルダンハシミテ王国の国王としての権力を継承されました。

現代ヨルダンの父である故フセイン・ビン・タラール国王陛下は、闘争と混乱を経て、国を中東の平和、安定、中庸のオアシスへと導いた国家のリーダーとして、いつまでも人々の記憶に残ることでしょう。 ヨルダン国民の間では、故フセイン国王の記憶が、ヨルダンの気質である寛大さ、忍耐強さ、思いやりの深さを象徴するものとして大切にされています。 国民に Al-Malik Al-Insan(人間味あふれる国王)として知られた故フセイン国王は、預言者ムハンマドの第 40 代直系子孫でした。

1935 年 11 月 14 日にアンマンで、プリンス Talal bin Abdullah とプリンセス Zein al-Sharaf bint Jami の間に誕生したフセイン国王は、エジプトのアレキサンドリアにあるビクトリアカレッジをご卒業後、イギリスのハロー校に進学され、 その後、イギリスのサンドハースト王立陸軍士官学校にて軍事教育を受けられました。

フセイン国王がヨルダンハシミテ王国の王位を継承されたのは 1952 年 8 月 11 日でしたが、 イスラム暦で国王が 18 才になられ、憲法で定められた権力を継承し、正式に即位される 1953 年 5 月 2 日まで、摂政がおかれました。

フセイン国王の在位期間は長期に及び、波乱に富んでいましたが、常に、国家の構築とヨルダン国民一人一人の生活水準向上に尽力されていました。 在位初期は、国民生活の質の向上と国家の発展を後押しする、経済と産業の基盤構築に重点的に取り組まれ、 1960 年代にはリン酸塩、カリ、セメントなどのヨルダンの主要産業を発展させ、幹線道路網を国中に張り巡らしました。

国民生活の面では、数値がフセイン国王の偉業の数々を物語っています。 ヨルダンの上下水道および電力の普及率は、1950 年代、人口のわずか 10% でしたが、現在では 99% に達しています。 また、1960 年は人口のわずか 33% だった識字率が、1996 年までに 85.5% にまで上昇しました。 国民 1 人当たりの 1 日の平均カロリー摂取量は、1961 年には 2198 カロリーだったのが、1992 年までに 37.5% 増の 3022 カロリーに達しました。 ユニセフの統計によると、1981 年から 1991 年の間、乳児死亡率の年間低下率が世界で最も顕著だったのがヨルダンでした。1981 年には出生 1000 人当たり死亡が 70 人だったのに対し、1991 年には 1000 人当たり 37 人となり、47% 以上低下しました。 フセイン国王は、ヨルダンの最大の資産は国民であるという信条の下、在位期間中、低所得者、身体障害者、孤児を含む全国民に希望を与え、生活の向上と国の発展を目指されました。

また、フセイン国王は 47 年に及ぶ在位期間を通して、中東和平促進のために尽力されました。 1994 年にヨルダンとイスラエルの間で締結された平和条約は、中東における公正かつ包括的、恒久的な平和を達成するための大きな一歩と言えます。

民主主義、国民の自由、および人権に対するフセイン国王の取り組みは、ヨルダンがこの地域のモデル国家になるための下地を作り上げました。 フセイン国王は、1978 年 6 月 15 日にヌール王妃とご成婚されました。 お 2 人の間には、ハムザ王子とハシム王子、イマン王女とライア王女の 4 人のお子様がいらっしゃいます。 フセイン国王には、他に 3 回のご結婚経験があり、王子 3 人(アブドラ、ファイサル、アリ)と王女 5 人(アリア、Zein、Aisha、ハヤ、Abeer)がいらっしゃいます。 晩年には、多くの孫を持つ誇り高き祖父となられました。

フセイン国王は生涯を通じて熱心なスポーツマンでもいらっしゃいました。 国王は、熟練のパイロット、ライダー、カーレーサーであり、ウォータースポーツ、スキー、テニスもお好きでした。

アブドラ 2 世は、1962 年 1 月 30 日にアンマンで故フセイン国王とモナ・アル・フセイン妃のご長男として誕生されました。 初等教育をアンマンの Islamic Educational College で開始され、後に イギリスのサリーにある St. Edmund's School に移られました。 中等教育は、米国のイーグルブルックスクールとディアフィールドアカデミーで受けられました。

Not Found
ヨルダン観光局  公式ホームページ
© 2014 All rights reserved.