ホーム  |  お問い合わせ  |  私たちに関しては  |  ブログ  |  役立つリンク集   



鉄道

ヒジャズ鉄道は 1900 年から 1908 年にかけてオスマンによって建設されました。当初の目的は、アラビアにあるイスラムの聖地への巡礼を促すこと、 そして、巨大なオスマン帝国の領土内で統制力を強化することにありました。 本線はダマスカスとメディナを結び、総延長は 1,320 km、ザルカ、カトラナ、マアーンを経由してトランスヨルダンを通過し、アラビア北西部に入ってメディナやメッカがあるヒジャズ地方まで至っていました。

この鉄道は古代のキャラバン(隊商)ルートに取って代わりました。古代のルートは、かつて、ダマスカスとアラビア間の物品輸送に使われており、往復でおよそ 4 ヵ月の道のりでした。 キャラバン商人にとってこの新しい交通手段は、生活に深刻な脅威をもたらすものであり、決して受け入れることのできないものでした。このため、商人たちは何度も襲撃を繰り返し、破壊を試みました。

鉄道の建設、保守、警備には約 5000 人のオスマン軍兵士が動員されました。 建設は困難を極めました。地元部族が気まぐれであったり、敵意を抱いていることも多く、また、地形的にも非常に柔らかい砂地だったり強固な岩場だったりと、問題が山積していました。 その上、水不足にも悩まされました。 一部の土地が非常に柔らかい砂地であるのに対し、他の土地は強固な岩場だったのです。 さらに、気候が追い討ちをかけました。たいていは高温で埃っぽく、砂嵐も発生するのですが、たまに鉄砲水が発生することもあり、橋や土手が流されて線路が破壊されました。

完成までに 4 年を費やしたヒジャズ鉄道は、1908 年 9 月から年に約 300,000 人の乗客を運び続けました。 乗客は巡礼者だけではありませんでした。トルコ軍が軍隊や物資の輸送に鉄道を使い始めたため、第 1 次世界大戦中(1914~1918)には、トルコ軍の侵攻を阻止しようとするさまざまな攻撃の的となりました。

ヨルダンのマアーンとアラビアのメディナの間の線路は、破壊活動により修復できないほどのダメージを受けました。その活動の多くは、英国の軍事戦略家 T.E.ロレンスが先頭に立ち、扇動したものです。 彼は、結集したアラブ勢力と共に、線路に地雷を設置し、複数の軍隊輸送列車や客車を脱線させました。

終戦後、鉄道の操業可能な部分はそれぞれシリア、パレスチナ、トランスヨルダンの政府が運営することとなりました。

 

Not Found
ヨルダン観光局  公式ホームページ
© 2014 All rights reserved.