ホーム  |  お問い合わせ  |  私たちに関しては  |  ブログ  |  役立つリンク集   


 

宗教と信仰
 

世界で最も古くから知られている教会のいくつかが、最近ヨルダンで発見されました。 その中にはウムカイスにある 4 世紀の教会や、ヨルダン川対岸のベタニヤにある 2 世紀または 3 世紀の「礼拝堂」と思われるもの、目的を持って造られた教会の中で世界最古のものと推定されるアカバの泥煉瓦造りの教会の遺構などがあります。 このアカバの教会の歴史は、3 世紀末~4 世紀初めにまで遡ります。.



この建物を発掘したアメリカ人考古学者は、その独特の間取り、多数の華やかなガラスランプ、近隣のビザンチン時代の墓地、エジプトにある初期の泥煉瓦造りの教会との類似点から、これが教会であると判断しました。 アカバ地域のことは、出エジプト記にも書かれています。 ヨルダン南部で最初に書かれているのはエジオンゲベル(民数記 33:35)です。 エジオンゲベルとエイラート(または Eloth)は、アカバ付近にある港町です。 旧約聖書では、出エジプト記の時代から 200 年後の鉄器時代にこの 2 つの町が果たした役割について書かれています。 これらの町はソロモン王とシバの女王ともかかわりがあり、ユダ王国とエドム王国の戦争(申命記 2:8、列王記上 9:26、列王記下 14:22)にも関係しています。

Not Found
ヨルダン観光局  公式ホームページ
© 2014 All rights reserved.