ホーム  |  お問い合わせ  |  私たちに関しては  |  ブログ  |  役立つリンク集   



歴史と文化


ウムカイス最大の見所は、ウェスタンシアター、列柱を配した通り、霊廟や浴場などローマ時代の都市の遺構です。.

ペラには考古学的に重要な遺跡が数多くあり、そのほとんどは発掘作業中です。 重要なものとしては、6 世紀のウェストチャーチ、6 世紀の Civic Complex Church、1 世紀のオデオン座(劇場)、ローマ時代のニンフの祠、イーストチャーチがあります。


博物館


イルビド考古学博物館

イルビド考古学博物館は 60 年代初期にイルビド考古学局と共に設立されました。 当初はテルイルビドの斜面に建てられた展示室 1 室のみでした。 イルビド地区からの発掘品が膨大な数に達したため、1984 年、町の南側にある新しい建物に移りました。

博物館の収蔵品には、旧石器時代からイスラム時代まで、考古学局や国際的な考古学調査団によって発掘されたさまざまな人工遺物で構成されています。 ヨルダン北部からの出土品により、現在、博物館は再び手狭になってしまいました。 そのため、考古学局は、イルビドの Ottoman Seray (「旧牢獄」と呼ばれる)を改修して将来的に博物館として使用することを計画しています。 テルイルビドにあるこの建物は、町で最も古い建築物のひとつです。 改修後、ここには考古学博物館、民族誌図書館、考古学図書館、研究所が入る予定です。また、イルビド考古学局の本部と同様に保管も行います。

電話: + 962 2 7275817




ウムカイス考古学博物館


博物館には、ウムカイスのオスマン時代の村にある 1 軒の家が使用され、2 つの展示室があります。 最初の展示室には、ヘレニズム時代からイスラム時代までのさまざまな陶器と、ウムカイスの墓からの発掘品が展示されています。

次の展示室には、ローマ時代を中心に像のみが展示されています。 広い中庭には、玄武岩でできた石棺、柱と土台、2 つの玄武岩の門、モザイク、そして有名な女神ティーケの座像が遺跡から移されています。

デカポリスの一員であったウムカイス(ガダラ)は、ローマの都市のように設計されています。 古代都市の上にあったオスマン時代の集落は考古学局が買い取り、現在、中心となるウェストシアターの修復を含め、いくつかの発掘保存プロジェクトが進行中です。

ウムカイスは地理的に最高の場所にあり、 シリアのゴラン高原、ヘルモン山、ティベリウス湖、北パレスチナ平野まで見渡すことができます。

所在地: Located in Beit Al-Russan (House of Al-Russan)


 

Dar As-Saraya Museum
 

The building of the museum, Dar As-Saraya, was originally a castle built by the Ottomans on the southern side of the hill in the middle of the 19th century. Its plan resembles castles and caravansaries founded by the Ottomans.
 

An inscription above the southern gateway is dated with the year 1304 H. (1886 AD) implying that the castle became the new Governor's House (Dar As-Saraya) after that date. With time the structure experienced many changes, prior to restoration works initiated by the Department of Antiquities in 1994.
 

Tel: + 962 2 7245613


 

Not Found
ヨルダン観光局  公式ホームページ
© 2014 All rights reserved.