ホーム  |  お問い合わせ  |  私たちに関しては  |  ブログ  |  役立つリンク集   

ホーム>> 主な見所 >> アズラックとショーマリ

        > > アズラック自然保護区の湿原には、実にさまざまな在来種の鳥や渡り鳥が生息しています。

Print Friendly and PDF




 

アズラック湿原保護区

アズラックは、雨量の少ないヨルダン東部砂漠の中心部にある独特の湿原オアシスで、王立自然保護協会が管理している自然保護区の中で最も美しい保護区の 1つです。 アズラック湿原の見所は、点在する天然の池と、人工的に造られた古代の溜め池、季節によって冠水する湿地帯、Qa’a Al-Azraq として知られる大きな干潟です。 毎年多くの渡り鳥が、アジアからアフリカへの厳しい旅路の途中でこの保護区に立ち寄り、羽を休めていきます。 冬期に湿地帯の保護区にとどまり、繁殖する鳥もいます。

アズラックのベストシーズンは、秋、冬、春です。 冬は雨が多く、保護区全体に水たまりや沼地ができるため、さまざまな種類の渡り鳥がやってきます。 バードウォッチングが成功するかどうかは、保護区にたまった水の量によって大きく異なります。

 

 

砂漠地帯の自然を楽しみたいなら、雨が降って丘に草が生い茂り、2000 種もの野生の花が咲き乱れる春がおすすめです。

 



ショーマリ保護区





ショーマリ保護区は、中東で絶滅のおそれがある稀少な野生動物の繁殖センターです。 小さな保護区に、堂々としたアラビアンオリックスの大きな群れがいます。これもかつては絶滅に瀕していた種です。 ダチョウやオナガー、優美なドルカスガゼルもいます。 こうした動物はすべて、この安全地帯で生息数を増やしています。ここでは動物たちは、かつてその存在をおびやかしたハンターや環境破壊から保護されています。

ショーマリ保護区ではさまざまな砂漠の植物も豊かに茂っています。それは主に、境界の外にいる羊やヤギによって保護区内の植生が食べつくされないように保護されているためです。 ショーマリには多くの種類の植物が生えています。そのひとつが、オナガーやオリックスの自然の餌となるアカザ類です。
 




来場者用の施設
 

ツーリストインフォメーションセンター:: 来場者の受付所。保護区に関する情報やパンフレットを入手できます。 銀食器、飾り付けしたダチョウの卵、葦で作った製品など、現地で作られた土産物を販売するツーリストショップもあります。

観光案内所:保護区の歴史と野生動物に関するさまざまなインタラクティブ資料やスライドショー、ビデオなどを見られる小さなミュージアムがあります。 建物の外は、ピクニックエリアとプレイグラウンドになっています。
 

展望台: : 自然を愛する人にとって、野生動物を見つけるのはわくわくするもの。 保護区のいろいろな動物を見るなら、展望台がおすすめです。オリックスは午前中の早い時間によく見られます。 特に渡りの季節なら、バードウォッチングにも最適です。



オリックスサファリトリップ:サファリトリップに参加すれば、絶滅の危機に瀕する動物を対象とした国際的保護活動の生きた成果をじかに見ることができます。 サファリトリップでは、王立自然保護協会の車に乗ってオリックスの柵の中を通ります。

繁殖区域: :ショーマリの繁殖区域には小さな動物園もあり、子供たちや学校の遠足に人気の場所となっています。
 



Not Found
ヨルダン観光局  公式ホームページ
© 2014 All rights reserved.