ホーム  |  お問い合わせ  |  私たちに関しては  |  ブログ  |  役立つリンク集   



生態系と自然

アジュルンから北に広がる広大な松林は、世界で最南端の完全な松林であり、ここにしかない環境が保たれています。 この地区の森は涼しく、美しいピクニックエリアと遊歩道が整備されているため、4 月から 10 月にかけては、特に湾岸地域など中東の気温の高い地域からたくさんの人が訪れます。



さわやかな森、きれいな空気、涼しく過ごしやすい夏、ヨルダン北部全域からのアクセスのよさに加え、いくつもの有名な遺跡もあることから、国内外の観光客に人気の場所となっています。

The Ajlun Campsite is located at the edge of the forest in the reserve. It occupies a large grassy clearing, enclosed by oak, pistachio and strawberry trees, and offers beautiful views of the reserve and beyond. There are 10 four- person tented bungalows available and nearby showers and toilets. The Ajlun Campsite opens from the 1st of April till the 31st of October.


  
アジュルン自然保護区

アジュルン自然保護区はアジュルン高原(アンマンの北)にあります。 地中海沿岸のような丘陵地には、オークやピスタチオの広々とした森が広がっています。 この保護区は、1988 年にノロジカの飼育・繁殖プログラムを開始するときに設立されました。



保護区(13 k㎡)は、Eshtafeena という地区にあります。 王立自然保護協会により、2 つのハイキングコースと、専用キャンプ場が設置されています。

アジュルンの森はほとんとがオークの木で、その中にピスタチオ、松、イナゴマメ、野イチゴなどの木が散在しています。 こうした樹木は長い間、地元の人々にとって、薪として、美しい自然として、また時には薬や食料として重要な役割を果たしてきました。

ノロジカは、森林環境に適応し、多種多様な樹木、灌木、草などを常食としています。 アジュルン地区に広がる地中海のような豊かな森は、何千年もの間ノロジカにとって理想的な生息環境でした。 しかし、過去 200 年の森林伐採と砂漠化により、ノロジカの数は減少していきました。 1988 年、アジュルンの飼育・繁殖区域と環境が似たトルコから 3 頭のノロジカが移され、今では数も増えてきています。.

ペルシアダマジカもかつてはヨルダンでよく見られた種でした。 この地方の森に戻すための対策が実施されていますが、おそらく世紀の変わり目頃に絶滅したものと考えられます。 この種の鹿の名前は、毛皮の色を表す「茶色っぽい黄色」という意味の英語の古語「falu」を語源としています。

 


Not Found
ヨルダン観光局  公式ホームページ
© 2014 All rights reserved.