ホーム  |  お問い合わせ  |  私たちに関しては  |  ブログ  |  役立つリンク集   




宗教

ヨルダンは、文化的知識や精神的豊かさを求める方に理想的な旅先と言えます。

ヨルダンは、国が民族的および宗教的に多種多様な人々で構成されていることを重視しており、それゆえ、全国民の文化的権利を保証しています。

この寛大で公正な精神こそが、ヨルダン国内での安定的かつ平和的な文化的風潮の広まりを後押ししている重要な要素のひとつと言えます。 国民の 92% 以上がスンニ派のイスラム教徒、およそ 6% がキリスト教徒です。 キリスト教徒の大多数がギリシャ正教に属していますが、ギリシャカトリック教徒、ローマカトリック教徒、シリア正教徒、コプト正教徒、アルメニア正教徒、プロテスタント教徒もいます。 また、シーア派およびドルーズ派の小規模な集団もいくつかあります。

ヨルダンはイスラム教徒が大多数を占める国なので、国民と直接交流することで、この一神教の理念を探求できるかもしれません。 ユダヤ教とキリスト教に端を発する長い伝統を誇るイスラム教徒は、神からの人間へのお告げを網羅しているのはイスラム教であると信じています。 イスラム教(Islam)とは、アラビア語で「服従」を意味し、神を唯一無二の存在として、その完全性と支配権を主張しています。 イスラム教徒は神、つまりアラビア語で言うところのアッラーを信仰しています。神から人間への最後の啓示は預言者ムハンマドとコーランを通して告げられました。コーランは、神聖かつ不変の神のお言葉です。 イスラム教徒は、唯一無二の神の前ではすべての人間が平等であることを非常に重視しています。よって、初期のユダヤ教とキリスト教のしきたりを特徴付けていた純粋な一神教の元の教義へと、さまざまな方法を使って戻るのです。

イスラム教の教訓は5 つの基本儀式、つまり「柱」で具体化されています。これらはイスラムの独自性を明らかにする上で、また、すべてのイスラム教徒を結び付け連帯感を強化する上で、信仰と同様に重要とされています。 5 つの柱とは、信仰告白、毎日のお祈り(聖地メッカに向かって日に 5 回)、イスラムのラマダン神聖月の断食、喜捨、メッカ巡礼です。

Not Found
ヨルダン観光局  公式ホームページ
© 2014 All rights reserved.